冷え性の名医や有名な病院

ネットで話題の冷え性改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 かつもとあき

ストレッチトレーナーとして活躍中のかつもとあきが考案したカラダ年齢若返りプログラムです。


>> 詳細はこちら

2 ブルーデイズ

1日わずか5分の実践で、病院や薬に頼らず、冷え性が解決できる方法があるとしたら・・・

>> 詳細はこちら

3 続木和子

冷え性をもとから撃退するマニュアル。ホルモンバランスの崩れを整える方法。

>> 詳細はこちら

名医のいる病院や有名な病院を紹介

冷え性に関する日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

病院以外の施術店舗も合わせてご紹介しています。

 

冷え性は万病のもとです。早めに治療するようにしてください。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

冷え性の原因

血行が悪くなり、温かい血液が手足の先まで行き届かない状態を冷え性と言いますが、なぜ冷え性は起こるのでしょうか?冷え性が起こる原因は決して1つではなく、様々な原因が絡み合っていることが多いのですが、その様々な原因を知ることで冷え性を改善していけるでしょう。

 

人間は、気温の変化を自動的に察知して、体温を調節する機能を持っています。しかし、冷暖房器具を使用することによって、体温の調節機能が低下してしまうのです。このように、冷暖房器具に頼りすぎて、体温調節がうまく出来なくなってしまうことが、冷え性を起こす原因の1つでもあります。

 

また、食生活も冷え性を起こす原因の1つです。冷え性は血行が悪い状態にあると最初に述べましたが、食生活などの生活習慣が乱れていると、ドロドロの血液を作り出してしまい、血行を悪くしてしまうのです。

 

冷え性を起こしてしまう食べ物としては、ファーストフードやチョコレートがあります。このような食事だけでなく、お肉ばかり摂取していたり乳製品ばかり摂取していたりと偏った食事をしていても、血液をドロドロにしてしまうのです。

 

血行を悪くしないためにも、上記のような偏った食生活を送っている心当たりがある方は、生活習慣を見直す必要があります。

 

他にも、当然のことながら、冷たい物を摂取し過ぎると冷えを引き起こしますし、さらには、胃腸機能の低下も招いてしまうでしょう。水分を摂るなら、常温のミネラルウォーターや白湯などがオススメです。

冷え性の状態

夏や冬などの季節に関係なく、一年中、手足の先が冷たいという症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか?このような状態を一般的に冷え性と言っていますが、実際はどのようなことが体で起こっているかご存知ですか?

 

人間は暑さや寒さを感じ、自動的に体温をコントロールすることが出来る機能を持っています。人が寒いと感じた時、血管は収縮して、体内に熱を溜め込もうとすることで体内を流れている血液が温められ、その血液が全身を流れることで、体温を一定の温度に維持しようとするのです。

 

冷え性の場合、手足にまでこの体内で温められた血液が循環していないために、手足が冷たいという状態が起こります。すなわち、体内の血の流れが悪い状態にあるということなのです。血の流れ、つまり、血行が悪くなるのにも、様々な原因があげられます。

 

例えば、心臓を動かすなど自分自身で意識しなくても自動的に働いている神経のことを自律神経と言うのですが、この自律神経が全身に流れる血液の循環をコントロールしています。なので、自律神経がバランスを崩してしまうと、全身にうまく血液を循環させることが出来なくなってしまうのです。

 

そうなると、手足の先まで血液が行き届かなくなり、冷え性が起こってしまいます。近年では、若い女性を中心に、自律神経のバランスを崩すことで血行不良を起こし、冷え性になってしまうケースが増えているようです。

 

また、冬など気温が低いことによって、毛細血管が収縮してしまい、血液の流れを悪くしてしまう場合もあります。冷え性には様々な原因とケースがあるので、よく注意する必要があるでしょう。